ムダ毛の処理方法の一つに毛を抜く方法があります。 毛を抜くのはひげや指のヘアーが多いと思います。 実際私も指は抜いていました。 髭はきついので離脱してしまいましたが。

それでもがんばって抜いていらっしゃる人類もいらっしゃる。 剃っても青く思えるからというのが原因のようですね。 剃っても青く当てはまると老けて見えるよね。

毛を抜く方法は、銀座カラー名古屋,爪、毛抜き、抜毛テープなどがあります。

爪で抜くと途中で切れてしまって 綺麗にならない場合が多いんですよね。 引っ張っても引っ張っても抜けないことも多いですし。

抜毛テープも試してみましたが驚くほどまとまりませんでした。 はたしてきたないので力抜け決めるよ。 追い抜けるのは抜き出せるんですけどね。

ちなみに試した結果はこちらで確認できます。 顔に取り扱うのはNGなのでチャレンジしないでくださいね

試した実績、追い抜くツボは毛抜きがトップだと身は判断しました。

剃刀で剃る感じくらいメジャーな処理ツボですが 毛抜きはどんな恩恵があっていかなる弱みがあるのでしょう?

毛抜きを取り扱うケースの最大のメリットは根元から処理行えるケース

黒い点々ができがたい

毛抜きの最大のメリットは根元から処理できるので 黒い点々ができ難いということです。 剃ったり剃刀したりしても黒い粒々がごま塩みたいに余るので 華麗じゃないわけですよ。

ところが毛抜きは根元から追い越せるので 処理やるというのがそれほど分かりにくい。 印象が美しいわけです。

いつでもどこでも処理が可

いつでもどこでも見込めるというのもありがたいですよね。 毛抜き1本あれば他には何もいりません。 調音もしませんしね。

期間が長い

次に生えてくるまでの期間が長いのもありがたいですね。 1本1本抜かなくてはいけないので時間がかかりますが 処理が終わってしまえば、ちょっと放置していても安泰!

毛抜きを取り扱う弱みが多いのも経験

毛抜きを扱うケースの弱みは疼痛。 辛い さっそく痛いですね。 続けていけば慣れるらしいのですが 身はそこまで積み重ねることが出来ませんでした

Comments